補習講座 - 講習準備

 

1.開始までの確認・準備事項

  • 講師・アシスタント選定 (補習開始一月前頃)
    • 翌月だけでなく数ヶ月先までの予定を募って準備・計画する 
  • メールを班員に送付し、サポート出席予定を回答してもらい予定を把握する
    • 必要に応じて「補習講座(班員予定表)」を作成し、添付し、予定の入力を依頼する
  • マスターブックの基礎データ確認・更新(基礎データ更新)
    • 基礎データを確保する: 班編成表
  • 受講用資料作成 (虎の巻4点セット
    • 講座予定表・実施要綱・座席表・アドレス帳
  • 各資料印刷

1)受講生用テキスト (12*部)

*:テキストは12部作成し、残った部数は共用に廻す

2)講座予定表・実施要綱・座席表・アドレス帳(4点セット) (受講者数分)

3)出席予定表(1部) 当日掲示し、出欠を記入する ・・・・・・・ 1部

4)月次メンテナンスシート (使用台数、予備機含む)

 

5)「ほどがや宿」案内 (12部)

 

  • 受講者用アドレスファイル作成(虎の巻)
    • コース毎のMSアカウントでアドレスをインポートする、あるいは講師に直接送付する
  • 受講生用名札 ・・・・・・・・・・・・・  会計担当がIT講座用に作成したものを引き継ぐ
  • 参加費領収書 ・・・・・・・・・・・・・  会計担当が作成

2.班員へ以下資料をメールに添付して送付し、サポートの再確認をする

  • 出席予定表                   (各自印刷)
  • 4点セット                   (各自印刷)

     講座予定表・実施要綱・座席表・アドレス帳