出席予定表

出席予定表を入力する

1.コマンド一覧で、[報告書手動入力]グループの [出席予定表] をクリックします。

ga14
ga14


2.シート [学習会報告書] のタイトルが「出席予定表」となり、[作成日] も更新されます。

ga15
ga15


3.各セルに出席予定を入力します。

ga16
ga16

入力するセルをクリックすると、右側に▼が現れます。


▼をクリックすると、入力する候補が表示されます。


候補の一つをクリックすると、セルにその値が入力されます。

出席予定表を出力する

1.コマンド一覧で、[配布資料出力] グループの「出席予定表」をクリックします。

ga17
ga17


2.出力先のフォルダーを設定する操作が始まります。

ga18
ga18

当マスターで、以前に配布資料を出力していないケースです。出力先を設定するところから始めます。


既に出力しているケースでは、当メッセージは出ません。代わりに、前回出力の時に設定したフォルダー値をそのまま使うかどうか聞かれます。


そのまま使う場合は、その旨を答えると、ステップ5.にジャンプします。


改めて再度設定し直すのであれば、次のステップ3.を続けます。

3.保存先に、【虎の巻】▶【配布資料】を指定します。

ga19
ga19


4.[配布データ] シートの「出力パス」に指定したフォルダーが入力されます。

ga20
ga20


5.出力するファイルの名前を設定する方法で、推奨のウィザードを使います。

ga21
ga21


6.ウィザードで「作成するデータの種類」を「出席予定表」にします。

ga22
ga22


3.使用するシートの状態と、作成されるファイル名を確認し、[作成] をクリックします。

ga23
ga23


4.同じ名前のファイルが既にある場合は、メッセージが表示されますので対応します。

5.配布データが作成された旨のメッセージが出ます。

ga24
ga24

フォルダーとファイル名を確認します。

6.現物を確認します。

出席予定表を送付します。

作成した出席予定表は、参加者と支援者(自班の班員と運営委員)に送付します。

1.メールで新規にメッセージを作成し、[ファイルの添付] をクリックします。

master62.gif:ファイルを添付する
master62.gif:ファイルを添付する

メールを起動し、[電子メールメッセージの新規作成] をクリックします。

 

[メッセージの作成] が開くので、まず、[ファイルの添付] をクリックする。

2.メッセージの添付ファイルとして、出席予定表を挿入します。

ga25
ga25

【虎の巻】▶【配布資料】にある出席予定表を探して選択し、[開く] をクリックします。

3.本文、件名、宛先を入力し、送信します。

ga26
ga26