出席予定表

出席予定表を作る

1.コマンド一覧で[報告書手動入力]の [出席予定表] をクリックします。

ko11
ko11

コマンド一覧の【交流会】データ更新で、[報告書手動入力] グループの[出席予定表]をクリックします

2.シート[交流会報告書]のタイトルは[出席予定表]となり、[入力開始] に変化。

ko12
ko12


3.出席予定表に入力し、これを完成させる

ko14
ko14


出席予定表を出力する

1.[交流会配布出力] の[出席予定表]をクリックします。

ko13
ko13


2.既に入っている出力パスフォルダーの情報をそのまま使うかどうか判定します。

master53
master53

出力パス(フォルダー)がそのまま使えるかどうかの判断をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

[はい] で、その情報を使います。

3.出力ブック名を設定する方法を選択します。

master47.gif:ファイル名設定方法を選択する
master47.gif:ファイル名設定方法を選択する

出力ブック名(ファイル名)を設定する方法を選択します。

 

ここでは推奨の、[はい] で、ウィザードで設定する方法を選びます。

4.ファイル名設定ウィザード(その1):[交流会] を指定し、作成データの種類を指定する

ko15
ko15

[講座の種類] で、右端の▼をクリックし、表示される中から「交流会」を選びます。


[作成データの種類] で、右端の▼をクリックし、表示される中から「出席予定表」を選びます。

5.ファイル名設定ウィザード(その2):使用シートの状況と作成されるファイル名を確認。

ko16
ko16

作成時使用するシート名とその状況を確認します。


出席予定表の場合は、シート「交流会報告書」のタイトルが出席予定表、あるいはコマンド一覧で[入力開始]となっていることが必要です。


作成されるファイル名を確認します。

[交流会(出席予定表)・・・] となります。


[作成] ボタンでファイルが作成されます。

6.【配布資料】フォルダー内に同じ名前のファイルがある場合は、メッセージが表示される。

上書きするかどうかを判断します。

7.「配布用データが作成されました」メッセージが表示されます。

ko17
ko17


8.コマンド一覧で[出席予定表]の表示は[出力済み]となります。

ko18
ko18


9.【配布資料】フォルダーで[出席予定表]ファイルの現物を確認します。

ko19
ko19


出席予定表を印刷する

出席予定表は印刷して、交流会実施当日の出欠確認などに使用します。

1.【配布資料】フォルダーに保存されている[出席予定表]ファイルを開きます。

ko19
ko19


2.シート[交流会報告書]を表示し、印刷プレビューします。

ko20
ko20


3.印刷します。

ko21
ko21


出席予定表を送信する

まとまった出席予定表を班員に送るときの操作です。

1.メールで新規にメッセージを作成し、[ファイルの添付] をクリックします。

master62.gif:ファイルを添付する
master62.gif:ファイルを添付する

メールを起動し、[電子メールメッセージの新規作成] をクリックします。

 

[メッセージの作成] が開くので、まず、[ファイルの添付] をクリックする。

2.メッセージの添付ファイルとして、出席予定表を挿入します。

ko22
ko22


3.本文、件名、宛先を入力し、送信します。

ko23
ko23